0
    みなさん、こんにちは。
    ダイナモピクチャーズデザイナーの細江です。

    三連休の初日に会社の人達と牛久大仏まで行ってきました!
    会社から車で約1時間ぐらいで行けます。


    !?あ、あれは


    見えてきました!


    すごく大きいです!


    と言う事で、記念撮影です。


    牛久大仏の詳細です。

    せっかくなので、大仏の中へ入ることに。
    写真を撮り忘れましたが、中は意外とハイテクでした。


    胸の所にある窓から覗いた景色です。


    その後、牛久大仏のすぐ側にある小動物園で餌をあげてきました。
    牛久大仏が思いのほかに楽しかったので、少し時間がおしてました。


    さようなら、大仏様!

    大洗で海鮮丼を食べる予定だったので、車に乗り出発!
    大洗はガールズ&パンツァーと言うアニメの舞台になっているそうです。

    そして湯楽の里と言う温泉に入りました。
    露天風呂は絶景でした!
    (とは言っても時間が遅かったので真っ暗でした)

    楽しい小旅行でしたね。
    今度は別の場所へ行きたいと思います。
    みなさんもぜひ、行ってみてはいかがでしょうか。

    おまけ
    0
      こんにちは。デザイン部の新人イシイです。


      新人の自分は近頃、「レンダリング」の仕事を任されることが多いです。

      ”レンダリング”という言葉には様々な意味がありますが、CG業界では専ら、

      「3DCGや動画編集ソフトのデータを、画像や映像として書き出すこと」

      を言います。非リアルタイム系のCG映像を作るには、避けては通れない作業といえます。


      この作業は「設定が済んだらレンダリングボタンを押して、後はコンピューター任せ!」という一見ラクな工程なのですが、
      実際はそう簡単なものでもありません。



      い、いいか! 押すぞ! もう戻れないからなッ!?


      というのも、レンダリングというのはコンピュータのパワーをフルに使った重たい計算を必要とするため、結構な時間がかかるのです。
      ダイナモピクチャーズには優れたレンダリングサーバーがあり、PC一台でレンダリングを回していた学生時代と比べれば隔世の感がありますが、
      それでもモノによっては、たった数秒〜数フレームの映像を書き出すのに数時間〜数日かかったりすることも。
      その間、デザイナーはただひたすら待つしかないのです。

      さらに、そんな重たいレンダリングが成功しているかどうかは、レンダリングが完了してみないと分かりません。


      イシイ「半日かかったレンダリングがやっと終わったぜ! これで、完せ・・・・・・」

      先輩「イシイくん、ココとココの素材分かれてないよ。色も何だか変だし。やり直しね」

      イシイ「」



      といったこともザラにあります。



      レンダリング。
      それは人間がコンピュータの都合に付き合わなくてはならない工程であり、強い忍耐力を必要とする作業です。




      重たいファイルは開くだけでも数分の時間がかかる。もはやレンダリング以前の問題だ。
      その待ち時間、筆者はガンプラやフィギュアで、ブンドドして遊ぶ精神を落ち着かせるのだ。



      このブログを読んでいる皆様。

      街中でCGの映像を見かけても、どうか「どうせCGでパパッと簡単に作ってるんだろ?」とか思わないでください。

      あなたが毎日、何気なく観ている映像は、幾人ものデザイナーが神経と精神をすり減らして作ったものなのです・・・・・・。

       
      0
        こんにちは、デザイン部の小林です。

        先日母校にお邪魔してきました。

        学校

        久しぶりに覗いてみると3DプリンターやらZBrushやら空撮用のヘリやら
        設備がパワーアップしていました。

        中でも新設されたモーションキャプチャースタジオはOptiTrackのカメラ24台と
        かなりの力の入れ用。

        モキャプ

        なんだか楽しそう。
        もう一度入学したい!

        休日に伺ったも関わらずほとんどの生徒が出席していました。
        みんなモチベーションが高いですね。
        僕の代ではそんなことはありませんでしたが...。

        学校が閉まるまで後輩とCGについて語り合ったり、卓球をしたりと
        楽しい1日でした

        卓球

        時々学校に行くとお互いに刺激になっていいですね。
        またお邪魔したいと思います。

         
        0
          こんにちは、MCの新人Kです。

          最近、姉に感化されてクロスバイクを購入しました。
          GIANTの『ROAM 0』という車種です。


          自転車初心者なのですが、選ぶときに

          ・凸凹道でもさほど衝撃を感じない
          ・坂道でもスイスイこげる
          ・ママチャリよりもスピードが出る
          ・ハンドルはまっすぐのやつがいい

          という条件を出したら、こいつになりました。
          少しごついのですが、ソコが格好よくて結構気に入ってます。
          最近、晴れた休日には地元でせっせこ練習してます。


          坂道や多少凸凹した道ならば、そこらのロードバイクよりも速く進めるのですが、やはり平坦な道では負けてしまいますね…
          もっと脚力と体力をつけなければ…!

          とか言いつつも、実は今日が『Whach Dogs』の発売日なので、今週末は自転車乗らずにひたすら引きこもってゲーム三昧な気がします。
          いや、買い物行く時に乗るな。
          地元のスーパー、週末は卵が安いんですよ。

          そんなこんなで、みなさん良い週末をお過ごしくだされ〜。
          0

            こんにちは。デザイン部の臼杵です。




            両国で暮らしてると、よくお相撲さんを見ます。週に3回くらい見ます。

            まわしをつけてる半裸スタイルもたまに見るのですが、いつもは動きやすい
            浴衣ですね。両国民の僕としては、そっちのほうが馴染みがあります。
            今回は、日常に潜むお相撲さんを紹介します。





            よく見るシチュエーションです。
            コインランドリーで乾燥機をかけていますね。

            おそらくですが、兄弟子的な人たちの分も任されてるパターンです。
            たまに全ての乾燥機が占領されてて、文句を言ってやろうと思ったりするのですが、
            どすこいされたらひとたまりもないので黙ってます。






            まれに見るシチュエーションです。

            壮絶な稽古を受けたのか、稽古部屋の前でヘタっているお相撲さんです。
            しんどそうな顔をしていて、立つのもつらそうでした。
            ただ、周りには大量の兄弟子みたいな人が見守っていたので、少し愛を感じました。

            他にもママチャリにまたがるお相撲さんや、パチンコにいるお相撲さん等、色々な
            お相撲スタイルが両国にはあります。是非立ち寄ってみて下さい。