0
    最近はとてもすごしやすい気候になってきましたね!
    おかげさまで、ゴールデンウィーク中は全国各地で、ダイナモアミューズメントのコンテンツをご活用頂きました。その一部を、何回かに分けてご紹介していきたいと思います。

    今回は「モバイル3Dシアター」のご紹介です。

    仮設用のかんたんテントと、XPAND対応のモバイルプロジェクターによって、非常にお手軽に3Dシアターを導入していただけるイベントツールになります。従来のイベント用シアターのように、暗転した部屋が必要という事も無く、3m×6mのオープンスペースがあれば設営できてしまいます。また、通常と同様のソフトラインナップから上映作品が選べますので、人気キャラクター系から教育的な作品まで、幅広く対応いたします。→ 3Dソフトラインナップ
    夏の催事の1アイテム、週末の集客ツールとしてご活用いただける商品となっております!

    ゴールデンウィークの事例を1件ご紹介。
    ユアエルム青戸様にて、5/3〜5/6の4日間の短期イベントで採用頂きました。

    最終日の上映作品は「オーロラを見た恐竜たち」
    スクリーンから飛び出す大迫力の恐竜に、子供たちは大喜び!仮設テントとはいえ、中のスクリーンは120インチですので、大人が見ても迫力ある映像が楽しめます。沢山のファミリーの皆様にご入場頂きました。

    「モバイル3Dシアター」の詳細については、コチラをご覧下さい。
    http://dynapix.jp/amuse/3dm/
    2
    当社でご提案しております「紙アプリ イベントパッケージ」のご紹介です。こちらの商品は、自分で描いた絵が動き出す・・・ という、とても単純ながら誰でも楽しめる内容のイベント用コンテンツです。先日出展させて頂きました展示会「イベントJAPAN2015」でも大変ご好評を頂き、この春休みから全国各地で開催していく予定です。

    イベントJAPAN2015 出展時の映像はこちら


    「紙アプリ」は、株式会社リコーさんのイベント向けソリューションなのですが、その大きな特徴として、絵の色や形状によって動きが変化します。同じような魚の絵でも、色合いによって元気になったりします。一見子供向けのこちらのコンテンツですが、この変化がとても面白く、大人でものめりこんでしまいます(笑)
    お近くで開催の際は、是非遊んでみてください!

    コンテンツの詳細についてはコチラをクリック


    http://dynapix.jp/?p=458
    0

      今回のシアターでは、観光名所として

      外国のお客様もおおいので、英語、中国語、韓国語対応の

      androidタブレットを使った

      翻訳アプリを株式会社ヤマハと共同でご用意しました。

      タブレット
      <技術に関する情報は、ヤマハ様のニュースリリース

      博物館催事はもとより、リゾート地でのシアターなどに最適!

      ロケーションに合わせたシアターカスタムも可能です。
       
      0
        アミューズメントのiです。

        本日10/1に開幕した『大阪の陣400年 天下一祭』
        大阪城 極楽橋エリアにある『武将ホール』にて
        「太閤はんといく 大坂城3Dミステリーツアー」
        映像制作協力などをさせて頂きました。

        シアター内

        ゆるきゃら史上初の立体映像かもしれません・・・。
        大坂城の知らない秘密がたくさんわかります

        大晦日12/31まで毎日上映中です。
        全景

        大阪の陣400年 天下一祭
         
        0
          現在開催中の「からだのひみつ大冒険2014」にてUFOドーム3Dシアターが稼働中です。
          上映タイトルは「ダイオウイカVSマッコウクジラ」です。
          「めっちゃオモシロクて ちょっとキモチワルイ?」がテーマの当イベントは子どもたちに大人気で
          連日大勢のお客様が来場されています。
          からだのひみつを体験した後は2体の巨大生物の戦いを迫力の3Dお楽しみください。
          エイリアンが乗ったUFOが目印です。
          イベントは8月31日まで開催しております。

          からだのひみつ大冒険2014
          http://www.ss-live.ws/event/karada/index.html