0

    造形・ホビーのイベント、ワンダーフェスティバルに今回も参加してきましたよ〜。

    どうも、デザイン部のIです。

     

    今回で通算5回目の参加です。

    社内部活のホビー部恒例行事として慣れてきた・・・と思います。たぶん。

     

    毎度ですが荒れ狂うお仕事という波をかき分けて参加してきました。

    徹夜?

    途中から数えるのをやめました

     

    うっかり自分らのブースのきちんとした写真撮るの忘れたので

    代わりに会場でみかけた素敵作品をあげて場を濁します。

     

    濃い部活をしたい!自分のフィギュア作りたいという方はぜひホビー部へ!(ダイマ)

    沖縄室からの参加も待ってます❤

     

     

     

    0

       

      こんにちは、4月に入社した沖縄室のまえしろです。

       

      新しく沖縄室カテゴリーを作ってみたので、沖縄室の皆さんぜひ使ってみてください。

       

      もう三ヶ月ほど前、入社してすぐの4月に私、本社のほうで一ヶ月ほど研修をさせていただきました。

      いろいろとよい経験ができて楽しかったです。

      ビルすごく高い、皆歩くの早いし東京怖いと最初ビクビクしていました。

       

      休日はフクロウカフェに行ったり、フクロウカフェに4週間連続で通いつめたり・・・・

      もふもふ、ふわふわ・・・。

      巣鴨のフクロウカフェが個人的にお勧めです。

       

      カラフトフクロウちゃん↑

      頭に指が根元まで埋まります。

       

      大きい子を腕に乗せたり・・・・

       

      水族館や動物園にも行きました。

      濃い一ヶ月でしたね。

       

       

      そして現在の沖縄。

      梅雨も明けて毎日空がこんな感じです。

       

      日焼け止め塗っても塗っても結局焼けてしまって最近はあきらめモード。

       

      自然に囲まれた環境は沖縄の魅力のひとつですね。

      夏場は熱中症注意ですが。

       

      次はありんくりんクラブの活動の様子など紹介したいですね。

       

       

       

       

       

      0
        こんにちは!

        ダイナモアミューズメントのコンテンツをご紹介します。
        今回はいま話題沸騰中!"VR"シアターです!

        その名もVR用オリジナル番組『恐竜戯画』!!!



        「GEAR VR」ヘッドマウントセットを装着すると、
        なんと目前には恐竜時代の世界が広がっています!



        あなたは見たい方向を、上も下も、右も左も、
        全方位どこでも見回すことができます。

        もう、恐竜のシッポをずっと見続けるも良し、
        空を飛び交う翼竜に思いを馳せるも良し!
        あなたは恐竜時代にタイムスリップしているのです!


        そしてこのGear VR、お分かりいただけていると思いますが、
        ヘッドマウントギアセットとヘッドフォンが主な設備となるので、
        省スペースで実施できるのが大きな魅力です。



        さて、この没入体験をさらに深く、、「超・没入」へと発展させるコンテンツも
        ご用意しています。


        そこで登場するのがこちら!
        米Media Mention 社製モーションライドシートMX4D™!

        MX4D_hero.jpg

        映画館でもおなじみのあのMX4D™です。

        VRとこのモーションライドシートの相性は抜群!
        どちらの機器も「リアル体験」を追及して開発されているので、当然かもしれませんね!?

        モーションライドシートMX4D™プログラムを「恐竜戯画」用に作成。
        GearVR × MX4D™による超リアル体験型アトラクションムービーとしてお楽しみいただけます。

        歩く恐竜の地響き、翼竜と一緒に浮遊、、、何もかもがリアルです。

        mx4d_dino.jpg

        さあ皆で超・没入タイムトラベルへ!

        上記コンテンツの詳細はこちらをご参照ください。
        http://dynapix.jp/amusement/theaterattraction/dinogiga/


        © TSUMIKI SEISAKU

        MX4D is a trademark of MediaMation,Inc.

        0
          こんにちわ!

          久しぶりのダイナモアミューズメントのコンテンツのご紹介です!
          今回は「REAL MONSTER BATTLE (powered by HADO)」です。


          さて、皆さんは、ARってご存知ですか?

          ARとは「Augmented Reality」の略で、拡張現実のことを言います。
          (他にもARという言葉はありそうですが・・・)

          これは何かというと、
          例えば、見えている現実世界にCGを合成する・・・
          イメージを見ていただいたほうが早いですね!

          こちらをご覧ください!

          rmb_02.jpg

          うわ!
          モンスターと子供たちが戦っている!

          これは合成写真ではありません。
          写真右側のゴーグルをつけている子供たちにはこの景色がゴーグルを通して見えています。

          現実世界にCGをプラスして"現実"を"拡張"しているんですねー。


          さらに、リストバンドを腕にはめることにより、
          「HADO」を手から放ってモンスターを攻撃しているのです!

          某格闘ゲームのあの必殺技のような!
          某漫画のあの”気”のような!

          私が子供のころ、どうやっても出せなかった”必殺技”が
          自らの手から放たれ、敵を攻撃している!!!
          こんな時代が来るとは思いませんでした!(感動)

          さて、子供たちの夢を叶えたのは、
          「REAL MONSTER BATTLE」というコンテンツです。

          仕組みをわかりやすくいうと、こちらです↓

          rmb_05.jpg


          この「REAL MONSTER BATTLE」をイベントやアミューズメント施設でご活用いただき、
          子供たちと、子供だった大人たちの夢をかなえてみてはいかがでしょうか!?

          コンテンツ詳細はこちらのリンクをご参照ください。
          http://dynapix.jp/amusement/eventtools/real-monster-battle/
          (ARバトル『REAL MONSTER BATTLE (powered by HADO)』)

           
          0
            こんにちは!

            今回もダイナモアミューズメントのコンテンツをご紹介します。


            突然ですが、皆さんは好きなキャラクターっていますか?
            そのキャラクターが登場するのは、アニメ?映画?ゲーム・・・?


            さて、私は最近気になる女の子がいます。
            会話していて盛り上がるし、なんてたって応援しているサッカーチームが一緒なんです!

            それが、この子です↓
            カワサキまるこ

            「カワサキまるこ」ちゃんです。
            川崎フロンターレの公認キャラクターに就任して、ホームゲームを盛り上げてくれています。
            表情や動き豊かにしゃべってくれます。


            カワサキまるこちゃんは、いろんな人の相談にのってくれます↓
            kawasaki_oshaberi04.jpg
            kawasaki_02.pngkawasaki_03.png

            そんな優しいところも大好き!

            ・・・キャラクターが実際に動いて会話してくれるわけない、
            ロボットなんじゃないか、でもどんなことを言っても普通にきちんと会話してくれる。。。

            ロボットではありません。

            この「カワサキまるこ」じつは、TALKING CASTというシステムを使って
            しゃべったり動いたりしています。



            リアルタイムで、別室のキャストが簡単なコントローラーで動きをコントロールしながら
            マイクを使っておしゃべりしているのです!




            表情やしぐさ豊かなキャラクターと会話できるのは、とっても魅力ですよね。

            この『TALKING CAST』では、キャラクターをイベント主旨等にあわせてカスタマイズが可能です。

            子供たちが大好きなティラノザウルスを恐竜イベントで会話させることもできます。




            あのキャラクターと会話できたら、、、
            あの動物と会話できたら、、、
            夢が膨らみますね!


            『TALKING CAST』についてはこちら!
            http://dynapix.jp/amusement/eventtools/talking-cast/


            カワサキまるこもご紹介しています。
            http://dynapix.jp/amusement/eventtools/kawasaki_maruko/

            © 有限会社ねこのしっぽ / 有馬啓太郎