0

    こんにちは!

     
    東京消防庁「VR 防災体験車」が発表になりました。
    全国初の「VRを活用した防災体験車」です。愛称は「VR BOSAI」
    当社は、VR関係のシステム設計、MX4Dのプログラム制作などを担当しいたしました。
     
    ヘッドマウントディスプレイを使用した360°全方位のリアルな映像と、
    映像と連動した、モーションシートによる揺れや風、水しぶきやにおいなどの演出で、
    ”これまでにない臨場感溢れる災害疑似体験”を体験して頂けます!
    コンテンツは「地震編」「火災編」「風水害編」の3種類。どれが見られるかはお楽しみです。
     
    この専用大型車両は都内のさまざまな場所を巡り、
    都民の皆様にリアルな防災体験を通じて防災意識の高揚を促進、訓練参加に繋げて頂くことを目的としています。
     
    VR BOSAIの体験ができる場所・日程は下記の東京消防庁ホームページよりご確認ください。
     
     
    ▲VR 防災体験車運用開始セレモニーの様子
     
     
    小池都知事にもご体験いただき、「本当にリアルで怖かったです!」の御言葉を頂きました。
     
    【NHK NEWS WEB】
    0

      第2デザイン室(アニメーター室)の皆で、新人歓迎会を行いました!

      今年は新人さん2人入りました。

       

      0

        エンターテイメント部で『ダイハツ キュリオス』を観てきました!

         

         

         

         

        0

          こんにちは!

           

          BOATRACE振興会が主催する、ボートレースの迫力や興奮、楽しさといった魅力を体験するイベント「BOAT RACE EXPERIENCE(ボートレース エクスペリエンス)」のメインコンテンツとして、VR映像とモーションシートMX4D®を融合した超没入体験型アトラクションが採用されました!
           

          レーサー目線の全方位レース映像にあわせてモーションシートが前後左右上下に動き、風・水しぶき・振動などの特殊効果も加わり、まるで実際にボートレーサーに なったようなド迫力体験を実現。

          北は北海道、南は沖縄と日本全国約10か所を2017年冬から1st、2nd、3rdと3回巡業し、合計2万人以上の方が体験、全会場大盛況でした!

           

          ▲「BOAT RACE EXPERIENCE 1st」新宿高島屋会場

           

          ▲「BOAT RACE EXPERIENCE 2nd」札幌ファクトリー会場

           

           

          ▲「BOAT RACE EXPERIENCE 3rd」福岡レース場会場

           

           

          0

            こんにちは!

             

            本日、3月17日に大分県の城島高原パーク「VR+」が無事オープンを迎えました!

             

             

            ■VR+(ヴイアールプラス)とは?

            「VR+」は、 台湾発 のマルチプレイVRコンテンツを複数集合させたアトラクション施設で、

            ダイナモアミューズメント日本国内版制作を担当しております。

             

            クリアしがいがあり、かつクリア出来なくても十分な時間を楽しむことが出来る難易度設定で、何度も挑戦したくなる、やりこみ要素のある構成です。クリアのための“作戦を練る楽しさ”も体験することができます。
            施設・エリア内は、内容はもちろん装飾やオペレーションなど細部までデザインされ、ユーザーの高い没入感と満足度を追求しています。

             

             

            ここで、VR+の主なコンテンツをご紹介します。

             

            「DEAD PRISON」(デッドプリズン):3〜5人プレイ

            仲間と協力してゾンビが蔓延する監獄から生還を目指すVRガンシューティング。
            VRヘッドマウントディスプレイの全方位映像に加え、プレショウムービーによるストーリー設定の説明、リアルな重量感とギミックを備えた専用銃(ショットガン、マシンガン、ハンドガン)と振動する床面が
            VR空間内でのリアルな体感を演出、プレイヤーたちの緊張感を高め没入感も向上します。
            攻略にはチームワークが重要で、プレイヤー達が協力して何度も挑戦したくなるようにゲームデザインが
            なされています。

             

             

             

             

            「DEATH ROOM」(デス・ルーム):4〜8人プレイ

            円卓を囲むように座り、仲間と協力して迫りくる怨霊から身を守るVRホラー。
            他のプレイヤーからの情報が攻略のカギとなるのでコミュニケーションが重要な要素になり、初対面同士でも楽しめるよう設計されています。
            プレショウムービー、VR空間内を再現した内装や振動する床など、ヘッドマウントディスプレイ映像以外の部分でも恐怖を演出し、プレイヤーの体験・プレイの満足度を高めています。

             

             

             

            「GET OUT OF MY HOUSE」(ゲットアウトオブマイハウス):3〜5人プレイ

            コミカルな世界の中で、仲間と協力してゾンビ化した街の住人から博士を守るファミリー向けVRガンシューティング。
            プレイヤー全員にバラバラに割り当てられたコミカルな武器の特徴をつかんで全員で協力して攻略を目指します。
            プレショウムービーや振動する床がポップでコミカルな世界の中へ違和感なく誘います。

             

             

            城島高原パークで体験できるのは、
            ●爽快ガンシューティング!「DEAD PRISON」
            ●絶叫ホラー!「DEATH ROOM」
            の2アトラクション!


            ぜひご家族やご友人と遊びに来てください!

             

             

             

             

            ※※トータルデザインしているVR+は、内装や武器の重さにもこだわっています!※※

             

            ▲ 「DEATH ROOM」プレイルーム内

             

             

            ▲ 「DEATH ROOM」プレイの様子

             

             

            ▲ 「DEAD PRISON」プレイイメージ

             

            体験前からドキドキ感を演出する「VR+」、

            是非遊んでみてください!

             

             

            詳細は下記リンクをご参照ください。

            「VR+」とは

            http://dynapix.jp/?p=974

            城島高原パーク

            http://www.kijimakogen-park.jp/ride/vr/index.html

             

             

            VR+ © All Rights Reserved.