0
    2013年に向けた最新ラインナップ情報を掲載いたします。

    ■2012年配給開始ソフト
    ?『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪JAPANラリー』
    根強い人気を誇る「ゲゲゲの鬼太郎」。立体映像化の第3作目です。
    妖怪たちが繰り広げるふしぎなカーレースをお楽しみください。
    ※上映実績 :
    東武動物公園(埼玉)、ポルトヨーロッパ(和歌山)、妖怪楽園(鳥取)で
    常時上映中です。



    ?『プリキュアオールスターズDX 3Dシアター』
    女の子を中心に大人気の「プリキュア」シリーズ。
    プリキュアSONGメドレーと立体映像で魅せる、歴代プリキュア22名のダンスシーンは
    アイドルステージさながらの圧巻です。

    ※上映実績 :
    リナワールド(山形)、スマイルプリキュアウルトラハッピーフェスタ(全国各所)ほか。



    作品上映に対するお問い合わせなどはこちらまで

    0

       「京極堂 逢魔の闇」の上映情報です。

      4月28日(土)より、

      GW先行上映先として

      横浜八景島シーパラダイス 内の

      ベイマーケットB棟2F にて、

      上映開始致します。

      目印は、1Fにトリックアート展があり
      2Fには、併設して3Dシアターがございます。

      では、お近くの方は是非、体験してみてください。

      0
        お待たせいたしました。
        新アトラクション「京極堂 逢魔の闇」の追加情報です。

        1)キャスト

        今回はアトラクション版では、

        「京極堂」役を声優の 石田 彰 さんにご出演頂きました。

        エヴァンゲリヲンの渚カヲル や 機動戦士ガンダムSEEDのアスラン・ザラ
        をはじめ多数人気キャラを演じる声優さんです。ご体験頂くと、

        あの声で、京極堂の「憑物落し」が聴けるということです。


        2)メインビジュアル



        左上の「怪」ロゴで、おなじみ角川書店「コミック怪」の企画協力を頂いてます。
        イメージイラストは、コミック版も描かれる「志水アキ」先生です。

        なんだか雰囲気が、いつもと違う気がしませんか
        その意味するものとは!?


        などなど、多種多様に楽しめるダークサウンドアトラクション
        「京極堂 逢魔の闇」

        全国の遊園地や様々なイベントなどでも展開していく予定です。
        0
           この度、新作アトラクションとして、

          ダークサウンドアトラクション
          「 京極堂 逢魔の闇 」


          をリリースすることになりました。

          原作は、あの京極 夏彦先生

          主役はもちろん、『京極堂(中禅寺秋彦)』

          今回なんと、先生自らアトラクション用にオリジナルストーリーを
          書き下ろして頂きました!

          一番早い上映先で、4/28より公式スタート予定です。

          気になる上映先、キャスト情報なども追ってUPしていきますので、
          宜しくお願い致します。


          ※「ダークサウンドアトラクション」とは、
          従来の3Dサウンドに比べ、より効果性の高いバイノーラル収録技術と
          演出効果を採用し制作されたサウンドアトラクションです。

          0
            大変ご無沙汰しております…
            諸事情により暫く更新できておりませんでしたが、突然再開したいと思います。

            今回は、当社の実績を一件紹介いたします!
            山形リナワールドさんにて、2011年4月に新規オープンし、現在稼働中の「ドキドキ!からくり道中」です。当社にてプロデュース(キャラクター原作 / 企画設計 / 運営演出)したアトラクションになります。




            アトラクションの内容は、低年齢の子供向けとなっています。
            色々な遊具を組み合わせて、いわゆる「からくり屋敷」ウォークスルーにしています。



            ここまではよくあるアトラクションだと思いますが、この「ドキドキ!からくり道中」では、アニメ風のキャラクターをこのアトラクションのために新規に制作し、独自の世界観を演出した点が大きな特徴です。



            こちらのキャラクターのおかげで、アトラクションのターゲットである低年齢層の子供たちだけではなく、一部の大人の方にも好評との事です。

            伝説の隠れ里を目指し、 てんぐキッズの「テンくん」、「リーナちゃん」と一 緒に様々なからくりを くぐり抜けるドキドキ 冒険を体験しよう!