0

    突然ですがそこのあなた。リモート会議中に黙ってると「聞こえてます?」や

    「あれ、つながってます?」なんて頻繁に質問されたりしていませんか?
    そんなリモート会話スキルが低いあなたにお勧めのゲームがあります!

     

    先日、社員の何人かでリモートでマーダーミステリーというゲームを行いました。
    マーダーミステリーとは簡単に説明すると、あるストーリーの登場人物になりきって
    周りの人たちと協力して謎を解いていくという推理ゲームです。

     

    いろいろな形式があるそうですが、私たちがプレイしたのはゲームマスターさんが1人いて
    時間経過とともに謎やヒントを出してくれるといった、なかなか凝った仕様のゲームでした。
    ゲームの所要時間は1〜2時間で、本当に2時間サスペンスを体験しているような感覚になります。
    情報は画像などがアップされたりしますが、基本的に会話のみで謎を解いていくので
    久しぶりに頭をフルに使って楽しかったです。

     

    リモートでの会議や面談が増えてきていますが、リモート会話をスムーズにこなすコツは
    適切な間隔で相手の話に「声で相槌をうつ」ことだと思います。
    これをしてくれると会話がもたつかないし、相手に伝わってると実感できます。

    ただ、書くだけなら簡単そうですが、実際にやろうとするとそれなりに「コミュ力」が必要ですし
    人数が増えれば増えるほど会話のタイミングが難しく、「空気を読む力」も重要になってきます。

    そんな会話スキルを鍛えるためにマーダーミステリーはもってこいだと思いました。
    ご興味があるかたはぜひ挑戦してみてください!