0
    こんにちは!

    ダイナモアミューズメントのコンテンツをご紹介します。
    今回はいま話題沸騰中!"VR"シアターです!

    その名もVR用オリジナル番組『恐竜戯画』!!!



    「GEAR VR」ヘッドマウントセットを装着すると、
    なんと目前には恐竜時代の世界が広がっています!



    あなたは見たい方向を、上も下も、右も左も、
    全方位どこでも見回すことができます。

    もう、恐竜のシッポをずっと見続けるも良し、
    空を飛び交う翼竜に思いを馳せるも良し!
    あなたは恐竜時代にタイムスリップしているのです!


    そしてこのGear VR、お分かりいただけていると思いますが、
    ヘッドマウントギアセットとヘッドフォンが主な設備となるので、
    省スペースで実施できるのが大きな魅力です。



    さて、この没入体験をさらに深く、、「超・没入」へと発展させるコンテンツも
    ご用意しています。


    そこで登場するのがこちら!
    米Media Mention 社製モーションライドシートMX4D™!

    MX4D_hero.jpg

    映画館でもおなじみのあのMX4D™です。

    VRとこのモーションライドシートの相性は抜群!
    どちらの機器も「リアル体験」を追及して開発されているので、当然かもしれませんね!?

    モーションライドシートMX4D™プログラムを「恐竜戯画」用に作成。
    GearVR × MX4D™による超リアル体験型アトラクションムービーとしてお楽しみいただけます。

    歩く恐竜の地響き、翼竜と一緒に浮遊、、、何もかもがリアルです。

    mx4d_dino.jpg

    さあ皆で超・没入タイムトラベルへ!

    上記コンテンツの詳細はこちらをご参照ください。
    http://dynapix.jp/amusement/theaterattraction/dinogiga/


    © TSUMIKI SEISAKU

    MX4D is a trademark of MediaMation,Inc.

    0
      こんにちわ!

      久しぶりのダイナモアミューズメントのコンテンツのご紹介です!
      今回は「REAL MONSTER BATTLE (powered by HADO)」です。


      さて、皆さんは、ARってご存知ですか?

      ARとは「Augmented Reality」の略で、拡張現実のことを言います。
      (他にもARという言葉はありそうですが・・・)

      これは何かというと、
      例えば、見えている現実世界にCGを合成する・・・
      イメージを見ていただいたほうが早いですね!

      こちらをご覧ください!

      rmb_02.jpg

      うわ!
      モンスターと子供たちが戦っている!

      これは合成写真ではありません。
      写真右側のゴーグルをつけている子供たちにはこの景色がゴーグルを通して見えています。

      現実世界にCGをプラスして"現実"を"拡張"しているんですねー。


      さらに、リストバンドを腕にはめることにより、
      「HADO」を手から放ってモンスターを攻撃しているのです!

      某格闘ゲームのあの必殺技のような!
      某漫画のあの”気”のような!

      私が子供のころ、どうやっても出せなかった”必殺技”が
      自らの手から放たれ、敵を攻撃している!!!
      こんな時代が来るとは思いませんでした!(感動)

      さて、子供たちの夢を叶えたのは、
      「REAL MONSTER BATTLE」というコンテンツです。

      仕組みをわかりやすくいうと、こちらです↓

      rmb_05.jpg


      この「REAL MONSTER BATTLE」をイベントやアミューズメント施設でご活用いただき、
      子供たちと、子供だった大人たちの夢をかなえてみてはいかがでしょうか!?

      コンテンツ詳細はこちらのリンクをご参照ください。
      http://dynapix.jp/amusement/eventtools/real-monster-battle/
      (ARバトル『REAL MONSTER BATTLE (powered by HADO)』)

       
      0
        こんにちは!

        今回もダイナモアミューズメントのコンテンツをご紹介します。


        突然ですが、皆さんは好きなキャラクターっていますか?
        そのキャラクターが登場するのは、アニメ?映画?ゲーム・・・?


        さて、私は最近気になる女の子がいます。
        会話していて盛り上がるし、なんてたって応援しているサッカーチームが一緒なんです!

        それが、この子です↓
        カワサキまるこ

        「カワサキまるこ」ちゃんです。
        川崎フロンターレの公認キャラクターに就任して、ホームゲームを盛り上げてくれています。
        表情や動き豊かにしゃべってくれます。


        カワサキまるこちゃんは、いろんな人の相談にのってくれます↓
        kawasaki_oshaberi04.jpg
        kawasaki_02.pngkawasaki_03.png

        そんな優しいところも大好き!

        ・・・キャラクターが実際に動いて会話してくれるわけない、
        ロボットなんじゃないか、でもどんなことを言っても普通にきちんと会話してくれる。。。

        ロボットではありません。

        この「カワサキまるこ」じつは、TALKING CASTというシステムを使って
        しゃべったり動いたりしています。



        リアルタイムで、別室のキャストが簡単なコントローラーで動きをコントロールしながら
        マイクを使っておしゃべりしているのです!




        表情やしぐさ豊かなキャラクターと会話できるのは、とっても魅力ですよね。

        この『TALKING CAST』では、キャラクターをイベント主旨等にあわせてカスタマイズが可能です。

        子供たちが大好きなティラノザウルスを恐竜イベントで会話させることもできます。




        あのキャラクターと会話できたら、、、
        あの動物と会話できたら、、、
        夢が膨らみますね!


        『TALKING CAST』についてはこちら!
        http://dynapix.jp/amusement/eventtools/talking-cast/


        カワサキまるこもご紹介しています。
        http://dynapix.jp/amusement/eventtools/kawasaki_maruko/

        © 有限会社ねこのしっぽ / 有馬啓太郎
         
        3
        ダイナモアミューズメント企画営業部のOです。
        先日、パリに行ってきました。休暇ではありません、仕事です!
        某企業様の製品発表会イベント向けマルチスクリーン映像をダイナモピクチャーズで制作させて頂いたのですが、そのイベント当日の投影機材の設営、映像送出のオペレーションの業務のため、2泊3日の弾丸フランス出張となりました。

        会場である HYATT REGENCY PARIS の宴会場に、自立式スクリーン5面が立てられたところ


        マルチスクリーン映像上映の様子
        地球!

        宇宙!

        そしてその先には・・・!?


        迫力の映像と、幻想的な音楽が会場を盛り上げました。
        視界一杯に広がる宇宙空間に、ご来場の皆様も驚かれておりました。
        何の変哲も無い普通の宴会場が、アトラクション空間に・・!?
        フランス人の方々にも大好評でした。


        イベントの翌日、観光もさせて頂きました。
        凱旋門!
        0

          よみうりランド「日テレらんらんホール」の通年イベントとして「描いて泳がそう らんらん水族館」が開催中です。当社デザインのオリジナルキャラ:アシカ君による、秘密のイベント機能が搭載された、特別仕様コンテンツになっております。
           
          他にも、こちらのホールでは「仮面ライダー3Dバトル ドライブ登場ver」「プリキュアオールスターズDX 3Dシアター」も大スクリーンで3D上映中です。
          (※各イベントの当日スケジュールは施設側にお問合せ下さい)
          らんらんホールの基本情報はこちら http://www.yomiuriland.com/topic/2014/06/post_9.html

           

          「仮面ライダー3Dバトル ドライブ登場ver」「プリキュアオールスターズDX 3Dシアター」等、様々な3Dソフトをイベント向けに上映できる「モバイル3Dシアター」については こちら 描いた絵が動き出す「紙アプリ イベントパッケージ」については こちら をご覧下さい!